CASE#432

終の住処を探して
大田区 マンション
  • 家族構成: 夫婦
  • 築年数: 14年
  • リフォーム面積: 86㎡
  • 工期: 3ヶ月
  • 物件価格: -万円
  • リフォーム費用: 2700万円
ゆったりとした川と緑、大きな空が見える家
ゆったりとした川と緑、
大きな空が見える家
お子さまが独立し、眺めのよいマンションに住み替えたTさん。「終の住処だという気持ちで、いつまでも心地よく過ごせる物件を探していました。結局選んだのは、同じマンションの別の棟。いろいろ考えたんですが、ここは施設が充実しているから、離れ難くなってしまって」とご主人さまは笑います。窓の向こうにはゆったりと流れる川、豊かな緑、大きな空が。さわやかなリバービューと、ゆとりのあるスペースは、住み替えなければ得られなかったもの。住み慣れた環境・美しい眺め・適度な広さを手に入れた後は、「どうリノベーションするか」が課題でした。
「最初からリノベーションするつもりだったので、既存の間取り・デザインはまったく気になりませんでした。とにかく、『この景色を活かしながら、好みの空間にしたいな』と思っただけです」(奥さま)
「二人暮らしだから部屋数はいらない」。いさぎよく1LDKに
「二人暮らしだから部屋数はいらない」。
いさぎよく1LDKに
「二人暮らしだから」と、思いきって1LDKに間取りを変更。広いLDKと、ゆとりのある寝室が一つ。どこで過ごしていても川や空を感じられるようにレイアウトしています。
「青山と自由が丘のモデルルームを見学したら、どちらもイメージ通りだったので」(奥さま)と、それぞれの要素をバランスよくミックス。床は、無垢ヨーロピアンオークのスプーンカットで、表面の凹凸がやさしく素足を包むように。またTVボード側の壁はモルタル塗り。ライティングでコテむらや塗り跡を際立たせ、印象を深めたこともポイントです。人研ぎで仕上げの洗面カウンターからは、職人さんの手仕事が。リビングでくつろいでいると、さまざまな素材感が伝わってきます。
寝室~WIC~SIC、またキッチン~洗面室~廊下を回遊できる間取りで、各部屋へのアクセスをスムーズに。おだやかな日常を過ごしているそうです。
一覧へ戻る