+ONE MAGAZINE TOP :物件探しの HOW TO中古リノベーション事例から学ぶ資産価値・お金のこと

大手デベロッパーTOP7社の〈ブランドマンション〉の魅力! 中古でも資産価値をキープできる理由は?

「ブランドマンション」は、大手デベロッパーによるハイエンドなマンションのこと。各デベロッパーのブランドイメージを左右する、社運をかけたプロジェクトです。毎回新作が出るたびに「かっこよすぎ」「よくぞここまで」などと注目され、いうまでもなく、中古でも高い資産価値をキープしています。今回は大手デベロッパー7社のブランドマンションと、そこに住むメリットをご紹介します。

〈1〉三菱地所レジデンス ザ・パークハウス

パークハウスグラン南青山四丁目

財閥系マンションデベロッパー御三家のひとつ、三菱地所レジデンス。メインブランドは「ザ・パークハウス」、最高峰ブランドは「ザ・パークハウスグラン」として知られています。外観デザインは極めてフォーマルな雰囲気で、富裕層の心に響きやすいのが三菱地所レジデンスの大きな特徴です。

さらに、すべてのマンションに標準仕様で、震災時に備えて独立した給水ポンプを設置。地域の人にも提供することも想定されており、まさに「地域のために」存在する優等生的なマンションです。とりあえず迷ったら「ザ・パークハウス」を買っておけば間違いないでしょう。将来も安泰のマンションブランドです。

〈三菱地所レジデンスの主なブランドマンション〉
○ザ・パークハウス マスターブランド
○ザ・パークハウスグラン 最高峰

〈2〉三井不動産レジデンシャル パークホームズ

パークマンション南麻布


「パークコート渋谷 ザ タワー」や「パークコート神宮北参道 ザ タワー」など、曲線が際立った超個性的なマンションを手がける三井不動産レジデンシャル。まるでベンツのようにイケイケなイメージがありますが、財閥系デベロッパーの中では高級マンションの歴史が古い。しかも、こうした攻めたマンションはかなり昔から手がけています。

たとえば1971年には、タワーマンションの先駆けとなる〈三田綱町パークマンション〉を発売。海外のライフスタイルを彷彿させる空間を先駆けて発表し、話題になりました。また周辺相場よりも高価格のハイグレード物件を打ち出し、エリアナンバーワンマンションになるなど、そのフロンティア精神はリスペクトに値します。「人とは違うマンションに住みたい」という方におすすめです。

〈三井不動産レジデンシャルの主なブランドマンション〉
○パークホームズ マスターブランド 
○パークシティ 大規模マンション
○パークタワー 高層マンション
○パークコート ハイグレード
○パークマンション 最高峰
○パークシーズンズ リゾートマンション

〈3〉野村不動産 プラウド

渋谷区 松濤・神山町の高級住宅街
プラウド神山町

ハイグレードマンションをつくらせたら「野村不動産か、三井不動産レジデンシャルか」と言っても過言でないくらい洗練されたブランドイメージを確立しているのが「プラウド」。「プラウドが欲しい」という指名買いも少なくありません。2021年は財閥系御三家デベロッパーを抑え、マンション供給量トップ1位にランクイン。野村証券が母体のデベロッパーとして異彩を放っています。

「プラウド」をスタートしてたった20年ほどでこれだけのブランドイメージを築けた理由は、「住んでからの満足度」にあると個人的に考えています。そのひとつが、安定した管理体制。野村不動産は調査開始から13年連続で「管理会社満足度ランキング」No.1に輝いています。(住まいサーフィン調べ)

余計な装飾がなく、すっきりとした外観デザインも都心の方に好まれる理由のひとつです。純粋に「プラウドに住んでみたい」という方におすすめです。

〈野村不動産の主なブランドマンション〉
○プラウド マスターブランド
○プラウドシティ 大規模マンション
○プラウドタワー 高層マンション

〈4〉住友不動産 シティシリーズ

シティタワー恵比寿

住友不動産がつくるどのマンションも「黒を基調とした外壁で、ガラスと直線を多用」というように、デザインが統一されています。ですので、一目見ればだいたい「住友不動産っぽいな」とわかります。ただし、住友不動産だからと言ってマンション名に必ずしも「シティ」が付いているわけではなく、「グランドヒルズ 」「パークスクエア」といったマンションも。ブランド名にさほど固執していなさそうですね。いいなと思って調べてみたら「住友不動産のマンションだった」ということもあるでしょう。

また品川の「ワールドシティタワーズ」をはじめとしたタワーマンションには、都心ビルと同様に「ガラスカーテンウォール」が採用されていることも、ビル開発に長けた住友不動産の特徴。大きな窓からダイナミックな景色を楽しむことができ、「眺望重視」という方にはオススメな仕様です。

ちなみに、最高峰の「グランドヒルズ」が中古物件で販売されていたらかなり貴重。条件や予算が合う場合は迷わず買うことをオススメします。

〈住友不動産の主なブランドマンション〉
○シティハウス マスターブランド
○シティテラス 大規模や低層マンション
○シティタワー 高層マンション
○グランドヒルズ 最高峰

〈5〉東京建物 ブリリア

ブリリア鎌倉御成町

タワーマンションに定評があるブリリア。高級戦略がうまくが成功しており、マンションが建つたびに何かと話題になります。たとえば平均価格1億1434万円の高級マンション「ブリリアタワーズ目黒」は販売からわずか4ヶ月ほどで完売。「ブリリアタワー池袋」は、豊島区役所と一体型の大規模複合タワーレジデンスとしてメディアをさわがせました。さらに築14年の「ブリリアマーレ有明」は資産価値がどんどん上がっていることでも知られています。

かと思えば「ブリリア鎌倉御成町」では鎌倉の街にとけこむようなシックなデザインが美しい。街によってコンセプトをきめ細やかに変えていることがうかがえます。

ちなみに東京建物は、旧安田財閥の安田善次郎が1896年に創業。他の財閥系不動産会社よりも古く、日本で最も歴史のある不動産会社です。日本で初めて、割賦で住宅を販売して住宅ローンの基礎を築いたのも東京建物。ちなみに安田善次郎は、なんとオノ・ヨーコの曽祖父にあたります。系譜を感じさせますね。

〈東京建物の主なブランドマンション〉
○ブリリア マスターブランド
○ブリリアタワー 高層マンション
○ブリリアシティ 大規模マンション

〈6〉東急不動産 ブランズ

ブランズシティ久ヶ原

ご存知の通り、電鉄系のマンションブランド「ブランズ」。これまでのマンションを見た限りはデザインに特徴がなく、無難にまとめている感じでイメージが定着していなかったのですが、ここ最近の「ブランズタワー豊洲」でかなり存在感を打ち出してきました。

「ブランズタワー豊洲」は、東急不動産が主体となった5事業者によるプロジェクトで2021年に誕生。駅徒歩4分で、敷地内には保育所やスーパー、緑豊かなプロムナードがあります。小学校はすぐ隣で、「ららぽーと豊洲」も徒歩5分。マンションというハード面だけでなく、圧倒的な利便性と暮らしやすさといったソフト面に注力した街づくりは、「さすがは田園調布を開発した東急不動産グループだ」と唸りたくなります。

〈東急不動産の主なブランドマンション〉
○ブランズ マスターブランド
○ブランズタワー 高層マンション
○ブランズシティ 大規模マンション
○ブランズ ザ・ハウス/ブランズザ・レジデンス 都心の一等地

〈7〉積水ハウス グランドメゾン

グランドメゾン伊勢山

積水ハウスと言えば戸建てのイメージがありますが、「グランドメゾン」はその住宅メーカーとしてのノウハウを活かしたたきめ細かなデザイン・仕様が特徴です。(高級路線ではない)スタンダードクラスのマンションなら、他社は平均的なスペックでまとめるところ、グランドメゾンは標準仕様で廊下に織り上げ天井や十分な収納を設けたりと、内装スペックにコストをかけています。

これまでの「グランドメゾン」は西日本(名古屋〜福岡)に多いイメージでしたが、ここ数年は都心の一等地でも存在感が増してきましたね。短期間で「グランドメゾン」の知名度を上げ、ここ数年で他のデベロッパーと肩を並べるまでに成長したという事実が、積水ハウスのマンションクオリティを物語っていると思います。

〈積水ハウスの主なブランドマンション〉
○グランドメゾン マスターブランド

中古でもブランドマンションが人気なのはなぜ?

大手デベロッパーのブランドマンションは、なぜ他のマンションに比べて人気があるのでしょうか。ここでは、大手デベロッパーのブランドマンションが人気の理由4つについて解説します。

〈理由1〉資産価値を維持しやすい

大手デベロッパーのブランドマンションが人気なのは、資産価値を維持しやすいからです。人は「知らないブランドよりも知っているブランドを買いたくなる」という心理がありますが、それに加えてファサードの印象や管理状況も安心できるといったブランドへの信頼感が高いからです。そのため中古で購入しても今後の資産価値をキープしやすく(むしろ新築よりも中古の方が資産価値が落ちにくいのでお得)、将来はスムーズなマンション売却を期待できます。

〈理由2〉立地のよいケースが多い

大手デベロッパーは中堅デベロッパーに比べて資金力があるため、都心の一等地に土地を確保しやすく、よってよい立地にマンションが建てやすくなります。また「晴海フラッグ」のように、三井不動産・三菱地所・野村不動産など複数社による大規模開発プロジェクトにより、よい立地が街ごと大開発されたケースも。

〈理由3〉施工会社も一流

デザインがよくても施工が悪ければ、仕上がりは最悪です。ということで、ブランドマンションの施工は鹿島建設、竹中工務店など一流の施工会社が手がけています。仕上がりはとても美しく、耐力面でも安心です。

中古ブランドマンションの購入、2つの注意点

広く人気のあるブランドマンションですが、購入前に知っておくべき注意点があるのも事実。ここでは、大手デベロッパーのブランドマンションにおける2つの注意点を解説します。

【注意点1】希望のエリアで売りが出ないこともある

ブランドマンションは、すぐに売れてしまったり、なかなか売りに出ないことがあります。人気物件の場合は市場に出ずにひっそり取引されることもあるんですね。そこでおすすめなのが、前もって不動産会社に声をかけておくこと。担当者に前もって希望のエリア、価格帯、広さ、もしくは具体的なマンション名を伝えておきましょう。

他社の取り扱い物件であっても〈CRAFT ONE〉なら、市場に出る前にご紹介可能なこともあります。ぜひ一度お声がけください。

【注意点2】リノベーション工事を慎重にやる必要がある

ブランドマンションは一般的なマンションに比べ、管理組合が厳しいケースが多くあります。リノベーションするなら工事経験の豊富な会社に依頼しましょう。また同様に近隣住民も騒音に厳しい方が多いです。

〈CRAFT ONE〉では、リノベーションの工事前に管理組合に許可を取り、近隣挨拶や、窓を閉めて解体作業をするといった近隣住民への配慮も万全に行います。

ブランドマンションのリノベーション事例

リフォーム・リノベーションCRAFT#20266

都内のブランドマンションをリノベーションした事例です。築7年だったものの、間取りと内装が好みではなくすべてを一新。草木染めのフローリング、壁には大理石、やレンガ、御影石。本物素材にこだわり、クラシカルかつモダンなミラノの邸宅ような住まいに仕上げています。さまざまなマテリアルを使いながらも、グレイッシュトーンで統一することで上品なイメージに。ブランドマンションにふさわしい、ラグジュアリーなインテリアです。

〈まとめ〉ブランドも大切!でも「自分の直感」はもっと大事!

今回は、大手デベロッパー7社のブランドマンションの特徴をご紹介しました。

大手デベロッパーのブランドマンションには「資産価値が落ちにくい」など多くの共通したメリットがあります。もし「同じエリアで、同じ価格帯で、ブランドマンションと無名マンションで迷っている…」というのでしたらブランドマンションを買っておくことをおすすめします。

ただし、あまりにもブランドにこだわりすぎて「本当にマンションに求める物」を見失わないようにしてください。先述したように「同じ条件」ならブランドを選ぶべきですが、予算オーバーしたり、広さや立地を妥協してまでブランドマンションを買う必要はないでしょう。

大切なのはブランドマンションにこだわりすぎず、広い視野を持ってマンションを探すこと。あなたにとってベストなマンションが見つかればいいのです。そうしたマンションを探すなら〈CRAFT ONE〉まで、ぜひご連絡ください。不動産コンサルタントが、価値ある物件をご紹介します。

*関連記事*

港区の高級マンション「住み心地」ランキング TOP7

東京の住みやすい住宅街、7つのルール。 富裕層に人気のエリアは?

東京ヴィンテージマンション10のルール。購入の注意点&おすすめリノベーション

大手デベロッパーTOP7社の〈ブランドマンション〉の魅力! 中古でも資産価値をキープできる理由は?

RANKING

株式会社クラフト公式 HPCRAFT MAIN HP
クラフトによるオウンドメディアリノベーションスープ
相談会フォーム0800-111-7977