+ONE MAGAZINE TOP :物件探しの HOW TO中古リノベーション事例から学ぶ資産価値・お金のこと

中古住宅リノベーションの失敗例6選!そこから学ぶべき成功ポイントとは?

中古住宅リノベーションの失敗例6選!成功事例から学ぶ失敗を避けるポイントとは?

近年人気が高まってきているリノベーションを前提とした中古住宅の購入ですが、失敗してしまう事例や思い通りにいかない事例も少なくありません。

この記事では、中古住宅のリノベーションで起こりがちなよくある失敗例について紹介していきます。成功事例や失敗を避ける上で押さえておきたいポイントなどについても紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

中古住宅のリノベーションでよくある6つの失敗例

中古住宅のリノベーションで発生してしまいがちなよくある失敗としては、

  • 将来のことを考えずにリノベーションしてしまった
  • 予算設定を見誤ってしまった
  • 状態の悪い物件を購入してしまった
  • 周辺の情報をリサーチしていなかった
  • 会社選びで失敗してしまった
  • イメージ通りの仕上がりにならなかった

の、6つがあげられます。それぞれの失敗例の内容と失敗を避ける方法について解説していきます。

1. 将来のことを考えずにリノベーションしてしまった

中古住宅を購入してリノベーションする場合、将来のことも考えた上でリノベーションしなくてはいけません。よくあるのが、「売りたいのに売れない」「貸したいのに貸せない」という失敗事例です。

将来の売却を考えているなら、独自の感性を詰め込みすぎた個性的すぎるリノベーションはやめましょう。買いたい人の好みに合わない可能性があります。また、新婚のご夫婦であれば、今やりたいことを優先するのではなく、家族が増えることや子育てを想定したリノベーションが必要になります。

2. 予算設定を見誤ってしまった

中古住宅を購入してリノベーションで理想の住宅を手に入れたいと考えている方の中には、

「これだけ貯金があるんだから、これくらいの金額でローンを組んでも問題ないだろう」
「今住んでいるマンションの家賃がこれくらいだから、同じ金額で予算を設定しておけば問題ないはず」

など、アバウトに予算を設定してしまう方がいますが、その考え方だと予算設定を見誤ってしまいやすいのでおすすめできません。

こういった考え方で予算を設定してしまうと毎月の返済に追われたり老後にしわ寄せがいってしまいかねないので、ファイナンシャルプランナーや不動産コンサルタントなどの専門家に相談しながら予算を設定するようにしましょう。

*関連記事*

住宅ローンと資金計画のすすめ方。〈CRAFT ONE〉でしっかりリード

3. 状態の悪い物件を購入してしまった

中古住宅の購入では、立地や予算など希望の条件に見合う物件が見つかるとすぐに購入を決めてしまいたくなるものです。悩んでいる間に他に購入を希望する人が出てきてしまうかもしれないわけなので当然と言えば当然ですが、焦って飛びついてしまうと状態の悪い物件を購入してしまいかねません。

中古住宅は住宅の基礎部分や配管など目に見えない箇所で劣化が進んでしまっていることが少なくありませんが、そういった物件を購入してしまうと修繕費がかさんでしまい、予算をオーバーしてしまいかねません。

そのような失敗を回避するためにも、中古住宅の購入は不動産のプロが物件の状態をしっかりとチェックした上で紹介してくれるような会社にサポートしてもらいながら選ぶようにしましょう。

*関連記事*

中古戸建ての購入は注意?!不動産のプロに聞くチェックポイント

4. 周辺の情報をリサーチしていなかった

リノベーションを前提に中古住宅を探す際に見落としてしまいがちなのが、住宅の周辺情報について。理想的な物件が見つかるとつい即決してしまいたくなりますが、一旦落ち着いて、住宅周辺の情報についてもしっかりリサーチするようにしましょう。

例えば、コンビニやスーパーが近くにない物件は生活が不便になってしまう可能性が高いのでおすすめできません。また、万が一のときでも安心できるよう病院の情報もチェックしておくべきですし、お子さんのいるお宅であれば学校までの距離も確認しておく必要もあります。

いくら魅力的な物件でも周辺地域の治安が悪いと快適に過ごすことができなくなってしまうので、治安や近隣住民についても確認しておくようにしましょう。

*関連記事*

東京の住みやすい住宅街、7つのルール。 富裕層に人気のエリアは?

5. 会社選びで失敗してしまった

中古住宅のリノベーションが上手くいくかどうかは会社選びにかかっていると言っても過言ではありません。

不動産会社やリノベーション会社にはさまざまな特徴や強みを持った会社がありますが、リノベーションを前提に中古住宅を購入するのであれば、物件探しからリノベーションまで一貫しておこなってくれるワンストップリノベーションの会社が断然おすすめです。

物件探しとリノベーションを別々の会社に依頼してしまうと購入した物件の構造上「想定していたリノベーションができない…」となってしまう可能性がありますが、ワンストップリノベーションの会社であればリノベーションのことを意識しながら物件をリサーチしてもらえますし、紹介してもらえるので、そういったトラブルが発生してしまうことがありません。

リノベーションを前提に中古住宅を購入する場合は、ワンストップリノベーションの会社を選ぶようにしましょう。

*関連記事*

リノベーション会社はどう選ぶ?失敗しないリノベーション会社の選び方

6. イメージ通りの仕上がりにならなかった

中古住宅を購入してのリノベーションでは、「打ち合わせでは理想通りのプランを提供してもらえたのに、いざ完成してみるとイメージ通りの仕上がりにならなかった…」というケースが多々あります。

完成してから「イメージと違うのでやり直してください」と訴えてもできることややり直せる範囲には限界があるので、完成する前に指摘し、イメージ通りの仕上がりになるよう進めていくことが大切です。

そのためには、完成してから確認するのではなく、工事期間中に担当者や現場監督と積極的にコミュニケーションを図り、工事の進捗を細かく確認しながら進めてもらうようにしましょう。

中古住宅リノーベーションの成功事例

中古住宅のリノベーションで失敗したくないのであれば、成功事例をチェックし、参考にすることも大切です。マンションと戸建ての事例をそれぞれ紹介していきます。

CASE1:マンション

CASE1:マンション
デザインリフォーム・デザインリノベーションCRAFT#18502

こちらは、築22年の中古マンションを購入してリノベーションした事例です。

都内で新築の広いマンションを探すと予算をオーバーしてしまう上に間取りのパターンが少ないこともあり、リノベーションを前提に広い中古マンションを探していたKさんご夫婦。はじめはリノベーション済みの物件もアリだと考え、他社で5件以上内見したものなかなかいい物件が見つからず、CRAFTに物件探しからご依頼いただきました。

CRAFTの担当者はこれまでの不動産の担当者と違って「この物件は買いですよ」などといった押し付けがなかったので、プレッシャーがなく、楽に物件を探すことができたそうです。

リノベーションはLDKの開放感にこだわってプランニングをおこない、リビングの奥に抜けるような景色をドラマティックに演出する住宅に生まれ変わりました。開放感のある空間に生まれ変わったことで、Kさんご夫婦は常にカーテンを開放した状態で過ごされているようで、「都内でこんなに開放的に過ごせるなんて、とても贅沢な気分です」と仰っていただいています。

*関連記事*

中古マンションのおしゃれなリノベーション事例10選

CASE2:戸建て

CASE2:戸建て
デザインリフォーム・リノベーションCRAFT #17254

こちらは、都内の築11年の戸建てを購入し、リノベーションした事例です。

元々ハウスメーカーに相談して新築の戸建てを購入したいと考えていたTさんご夫婦。しかし、なかなか納得できるプランを提案してもらえず、リノベーションを前提とした中古住宅の購入に踏み切ったといいます。

物件探しの際にあげられていた条件は以下の4点。

  • アクセスがいい
  • 築10年前後
  • 30坪以上
  • 環境がいい

また、お子さまがまだ小さいということもあって、近くに公園がある物件を希望されていました。

その条件を元に4、5件内見して決めたのが今の住宅です。

当初はリノベーション後をうまくイメージできるかどうかという点に不安を抱えていたそうですが、同行したデザイナーからの「これならリビング・ダイニング間の壁を抜いて、広くできます」などのアドバイスのおかげで、リノベーション後を明確にイメージでき、スムーズな物件探しにつながっといいます。

リノベーションについても、

  • 広いLDK
  • ひと続きのテラス
  • ダウンフロア

と、元々希望されていたことをすべて実現でき、「こんなにイメージ通りになるとは思わなかった」と高く評価していただいています。

*関連記事*

中古戸建てのおしゃれなリノベーション事例10選

<まとめ>中古住宅リノベーションはワンストップリノベーションの会社にサポートしてもらうのが吉

中古住宅リノベーションの成功事例に触れながら、よくある失敗事例と失敗しないための対策方法について紹介してきました。

中古住宅のリノベーションで発生してしまいがちな失敗は、正しく対策すれば避けられるものばかりです。しかし、中古住宅リノベーションはそう何度もおこなうようなものではなく、ほとんどの方が始めて経験するものであるため、勝手が分からず、失敗してしまいます。

失敗を避けるには、物件探しや資金計画の段階からプロにサポートしてもらいながら進めるのが一番です。〈CRAFT ONE〉では、物件探しからリノベーション、資金計画までワンストップでサポートしておりますので、ぜひご相談ください。

*関連記事*

マンション・戸建ては「中古リノベーション」がお得?費用や事例、デメリットを一挙公開!

中古住宅リノベーションの失敗例6選!そこから学ぶべき成功ポイントとは?

RANKING

株式会社クラフト公式 HPCRAFT MAIN HP
クラフトによるオウンドメディアリノベーションスープ
相談会フォーム0800-111-7977