+ONE MAGAZINE TOP :物件探しの HOW TO中古リノベーション事例から学ぶ資産価値・お金のこと

マンションの2階はコストパフォーマンスが高め!デメリットはリノベで解消

マンションの2階を選ぶ4つのメリット・デメリット。デメリットを解消する方法とは?

マンションの2階の部屋には低層階の部屋ならではのメリットとデメリットがあります。マンションの購入での失敗を避けるには、このメリットとデメリットを事前に把握しておくことが大切です。マンションの2階の部屋を選ぶメリット・デメリットやデメリットを解消する方法について紹介していきます。

マンションの2階の部屋を選ぶ4つのメリット

マンションの2階の部屋を選ぶ主なメリットとしては、

  • コスパが高い
  • 移動がしやすい
  • 騒音トラブルが発生しにくい
  • グリーンの景色を借景できる

の、4点があげられます。

それぞれのメリットについて詳しく解説していきます。

1. 高層階の部屋に比べて価格が安くコスパが高い

2階は高層階の部屋と比べると、リーズナブルで手が届きやすく固定資産税も安く、物件としてのコストパフォーマンスが高いというメリットがあります。

部屋の階数による価格差はマンションによって異なりますが、高層階の部屋との価格が数百万円単位で違ってくることも珍しくありません。また、平成29年の税制改正によって低層階の部屋の固定資産税が安くなるよう制度が変更されたため、数千円程度ではありますが、毎年の税金を節約できるようになっています。

2. 移動しやすく時間や手間がかからない

2階の部屋はマンションのエントランスとの距離が近いため、高層階の部屋ほど移動に時間や手間がかかりません。

階段で移動するときでも一階層分の昇り降りで済むため、エレベーターを使わなくても楽に移動できます。毎朝の住人によるエレベーターの争奪戦に参加せずに済みますし、メンテナンスでエレベーターが使えなくても大丈夫。災害のときにも避難しやすいというメリットもあります。

3. 騒音トラブルが発生しにくい

マンションの中には一階に駐車場が設けられているタイプのマンションもあります。

そういったマンションでは2階が最低階になるわけですが、その場合、下の階との騒音トラブルに悩まされることがありません。下が駐車場になっているとお子さんが走り回って多少うるさくしたとしてもクレームが入ることがないため、小さなお子さんのいるご家庭にとって非常に大きなメリットになります。

4. グリーンの景色を借景できる

グリーンの景色を借景できる

マンションは、高層階の部屋であればあるほど眺望が良いと思われてしまいがちですが、パークサイドや並木通りに面しているマンションであればグリーンの景色を借景できるので、2階の部屋でも十分に景色を楽しむことができます。

高層階の部屋のように遠くの景色を楽しむことはできませんが、近くの景色を楽しめる点は2階の部屋ならではのメリットです。

マンションの2階の部屋を選ぶ4つのデメリット

魅力的なメリットが多いマンションの2階の部屋ですが、ならではのデメリットもあるため注意しなくてはいけません。

マンションの2階の部屋の主なデメリットとしては、

  • 低層階ならではのリスク
  • 外からの騒音
  • 害虫や害獣の存在
  • 湿気の存在

の、4点があげられます。

それぞれのデメリットについて詳しく解説していきます。

1. 高層階の部屋にはない低層階の部屋ならではのリスクがある

低層階にあたる2階の部屋には、高層階の部屋にはないリスクがあるため注意しなくてはいけません。

2階は外からでも十分に視認できる高さなので、プライバシーを確保しにくい傾向にあります。また、低層階だとどうしても不審者が侵入しやすくなってしまうため、防犯面でのリスクも高層階の部屋より高くなります。

周辺の住宅との距離が近いマンションや高層階の建物に囲まれている物件では日当たりにも注意しなくてはいけませんし、立地によっては浸水など自然災害のリスクも懸念されます。

2. 外からの騒音に悩まされやすい

低層階にあたる2階の部屋には、外部の音が聞こえやすく、騒音に悩まされやすいというデメリットもあります。

人通りの多い道路に面しているマンションだと通行人の話し声が聞こえてしまうことがありますし、大きな道路に面しているマンションだと車の騒音も懸念されます。線路沿いのマンションの場合、朝から晩まで電車の音に悩まされる可能性も。

騒音問題は生活の質を左右する大きな問題であるため、事前にしっかりと確認しておく必要があります。

3. 害虫や害獣が侵入しやすい

2階の部屋は階段からもアクセスしやすい点が魅力的だと紹介してきましたが、それは人に限った話ではありません。階段の上り下りが少なくアクセスしやすくなると、ゴキブリなどの害虫やネズミなどの害獣も侵入しやすくなるため、虫や動物が苦手な方にとっては大きなデメリットになってしまう可能性があります。

4. 湿気がこもりやすく底冷えしやすい

マンションの2階は地面から近く、湿気を取り込みやすいため、カビなどの湿気によるトラブルも懸念されます。日当たりの悪い部屋だとより湿度が高くなるため注意しなくてはいけません。

また、階下が駐車場になっているマンションであれば湿気の問題は解消されますが、その代わり底冷えしてしまいやすくなります。

マンションの2階の部屋ならではのデメリットはリノベーションで解決できる!

マンションの2階の部屋ならではのデメリットはリノベーションで解決できる!
デザインリフォーム・デザインリノベーションCRAFT#412

ならではのデメリットや注意点も多いマンションの2階の部屋ですが、それらのデメリットはリノベーションで解決できます。

「日当たりが悪くて部屋が暗い」という悩みは天井や壁のクロスなどに白を取り入れることで明るい雰囲気にできますし、騒音の悩みはインナーサッシで解決できます。間取りを変更して風通しをよくすれば湿気に悩まされずに済みますし、底冷えは床暖房やカーペットで十分に対応可能です。

コスパの良い2階の部屋を購入し、デメリットについてはリノベーションでカバーするという方法も検討してみてはいかがでしょうか?

マンションの2階の部屋を購入するときにチェックしておきたい4つのポイント

2階の部屋ならではのデメリットは事前のリサーチでもある程度カバーできます。

購入する部屋を決めるときに確認しておきたい主なチェックポイントは以下の4点です。

  • 防犯面
  • 日当たり
  • 周辺情報
  • 防災マップ

小さなお子様のいるご家庭の場合は騒音トラブルが懸念されるので、階下に部屋があるかどうかについても確認しておくようにしましょう。また、リノベーションを前提に部屋を探すのであれば、「想定しているリノベーションを行えるかどうか」についてもチェックしておくようにしてください。

<まとめ>マンションの2階の部屋はリノベーションを前提とした購入がおすすめ

マンションの2階の部屋を購入するべきかどうかで迷っている方向けに、低層階にあたる2階の部屋ならではのメリットとデメリットについて紹介してきました。

マンションの2階の部屋は高層階の部屋にはないメリットがある魅力的な部屋ですが、デメリットもあるため、購入する際はそのデメリットをしっかりと理解した上で購入するようにしなくてはいけません。ただ、マンションの2階の部屋のデメリットはリノベーションによって解決できるものばかりなので、リノベーションを前提に価格の安い2階の物件を購入するというのも一つの手です。

リノベーションすれば、デメリットを解消できるのはもちろん、理想の住宅も実現できるようにもなるので、「なかなか理想的な物件が見つからない…」という方にもおすすめです。

マンションの2階の部屋のリノベーションは、実績豊富で物件選びとリノベーションをまとめて依頼できる〈CRAFT ONE〉にご相談ください。

*関連記事*

マンション1階に住む5つのメリット。防犯対策や資産価値キープの方法は?

マンションの2階はコストパフォーマンスが高め!デメリットはリノベで解消

RANKING

株式会社クラフト公式 HPCRAFT MAIN HP
クラフトによるオウンドメディアリノベーションスープ
相談会フォーム0800-111-7977