+ONE MAGAZINE TOP :物件探しの HOW TO中古リノベーション事例から学ぶ資産価値・お金のこと

「老後はマンションか一戸建てか…」それぞれのメリットや住み替えの注意点

「老後はマンションか一戸建てか…」と悩んでいる人必見!住み替えのポイントから注意点まで

老後の生活を考えた場合、「老後はマンションか一戸建てか…」と悩む方は少なくありません。マンションと一戸建てにはそれぞれならではの魅力的なメリットがある一方でデメリットもあるため、それらをよく比較した上で住み替えを検討する必要があります。実際に老後を見据えて住み替えをされた方の事例を交えながら、老後の住まいの住み替えについて紹介していきます。

マンションのメリット・デメリット

老後の住まいとして一戸建てではなくマンションを選ぶメリットやデメリットとしてはどういったものがあげられるのでしょうか?

マンションで老後を過ごすメリット・デメリットについて解説していきます。

マンションで老後を過ごすメリット

老後を一戸建てではなくマンションで過ごす主なメリットとしては、

  • セキュリティが充実している
  • 立地の良い物件が多い
  • 共有部分は管理会社が管理してくれる

などがあげられます。

物件にもよりますが、マンションは一戸建てよりもセキュリティが充実している傾向にあります。オートロックや監視カメラはマンションならではのセキュリティ機能です。管理人が常駐しているようなマンションであれば、より安心して過ごせます。

マンションで老後を過ごすメリット

立地の面で優れている物件が多いのもマンションの特徴の一つです。

立地の悪いマンションは売れ残ってしまう可能性が高くなるので、不動産会社は比較的立地の良い場所にマンションを建設します。そのため、一戸建てに比べて駅チカなど魅力的な物件が見つかりやすくなっているわけです。

駅チカのマンションは、交通の便がいいだけでなく、商業施設や病院など生活に欠かせない施設も近いので、生活のしやすさも抜群です。

また、階段や廊下などの共有部分については管理会社が定期的に清掃をおこなうなど管理しているタイプのマンションも多く、管理の手間がかからないといったメリットもあります。

マンションで老後を過ごすデメリット

魅力的なメリットの多いマンションでの老後の生活ですが、一戸建てにはないならではのデメリットもあるため注意しなくてはいけません。

マンションで老後を過ごす際に懸念される主なデメリットとしては、

  • 一戸建てに比べると自由に使えるスペースが少ない
  • 高層階の部屋は緊急時の避難が大変
  • 騒音トラブルが発生しやすい
  • エレベーターが使えない時に苦労する

などがあげられます。

マンションは一戸建てにおける庭やガレージのように自由にできるスペースが備わっていません。老後に庭でガーデニングをしたいと考えている方やガレージで車やバイクなどの趣味に没頭したいと考えている方にとっては大きなデメリットだと言えるでしょう。

高層階のマンションには魅力的ですが、緊急時にエレベータが止まって使えなくなると一気に不便に。高齢になって10階まで階段を上る…なんてできれば避けたいですね。

また、集合住宅という特性上、一戸建てよりも騒音トラブルなどのご近所トラブルに遭遇する可能性が高い点も、マンションならではの懸念点の一つです。

一戸建てを選ぶメリット・デメリット

メリットもあれば、ならではのデメリットもあるマンションでの老後の生活ですが、マンションではなく一戸建てを選ぶメリットやデメリットとしてはどういったものがあげられるのでしょうか?

一戸建てで老後を過ごすメリット・デメリットについて解説していきます。

一戸建てで老後を過ごすメリット

老後をマンションではなく一戸建てで過ごす主なメリットとしては、

  • 自由度が高い
  • 住み慣れた環境で生活できる
  • トラブルに悩まされにくい
  • 子供に土地を残すことができる

などがあげられます。

一戸建てはマンションのように専有部分と共有部分が分かれていたりはしません。そのため、仮にリフォームやリノベーションをする必要が出てきたとしても、同意を得る必要がなく、自由にリフォーム・リノベーションできます。

これまで一戸建てで生活していて、そのままその住宅に住み続ける場合は、環境を変えずに住み慣れた環境で生活できるという点も大きなメリットになります。老後は環境の変化による心身への負担がより大きく出てしまいやすくなるので、そういった負担に悩まされずに済む点は非常に魅力的なポイントだと言えるでしょう。

また、住宅が独立している分、マンションなどの集合住宅に比べると、騒音トラブルなどのご近所トラブルも発生しづらくなっています。

さらに、土地を後世に遺して代々受け継いでもらえる点も、メリットと感じる方も多いようです。

一戸建てで老後を過ごすデメリット

こちらもならではのメリットが多い一戸建てでの老後の生活ですが、

  • 管理に手間がかかる
  • いざというときのための貯蓄を自分で行い管理する必要がある

などのデメリットも懸念されるため注意する必要があります。

一戸建ては、マンションのように管理会社や管理人が建物を管理してくれるわけではないので、住宅の中はもちろん、庭やガレージなど住宅の外の設備についても自分で管理しなくてはいけません。

また、マンションは「修繕積立金」という形でメンテナンスに必要なお金が毎月自動的に積み立てられれる仕組みになっていますが、一戸建てにはそういったシステムがありません。

そのため、いざというときのために自分で計画的に貯蓄し、管理しておく必要があります。

老後に一戸建てから、マンションに住み替えたケース

老後の住み替えを検討しているのであれば、実際に住み替えを行った方の事例を参考にするのがおすすめです。

デザインリフォーム・リノベーションCRAFT#435

こちらは、お子さま一家の海外赴任をきっかけに、お子さま一家が暮らしていたタワーマンションをリノベーションして住み替えたFさんご夫婦の事例です。

もともとあった洋室を一つなくし、25帖の広々としたLDKに。洋室をひとつなくしたものの、ご夫婦それぞれの個室は確保されているので、お一人の時間を確保することも可能です。

猫と一緒に快適に生活できる住宅を希望されていたので、過去に当社で施工した「猫と住む家」の事例を参考にプランニングをおこないました。

デザインリフォーム・リノベーションCRAFT#17026

こちらは、これまでずっと戸建てで生活されていたYさんご夫婦の事例です。

お子さまの独立をきっかけに戸建てからマンションへの住替えを決意。もともと新築のマンションを探されていたようですが、似たような間取りばかりでしっくりこなかったため、中古マンションを購入し、リノベーションすることに。

玄関からご主人さまの個室、ルーフバルコニーを土間続きにしてバルコニーへのアクセスをスムーズにしたり、玄関から奥さまの個室、WIC、キッチンにつながりを作って家事動線を短縮するなど、効率的に生活でき、かつ趣味や好きなことを思いきり楽しめる空間に仕上がっています。

一戸建てからマンションに住み替えるときに知っておきたい2つのポイント

一戸建てからマンションへの住替えを検討しているのであれば、「間取り選びのポイント」と「一戸建てからマンションに住み替えて後悔するケース」については事前に把握しておくべきです。

それぞれ詳しく解説していきます。

間取り選びのポイント

老後の生活を考えてマンションの間取りを選ぶのであれば、広々としたシンプルな間取りを選ぶのがおすすめです。

老後は、子どもたちも独立して家を出ていく可能性が高く、夫婦、あるいは一人で生活するケースがほとんどです。そのため、ファミリータイプのマンションのような部屋数は必要ありません。

それよりも、なるべく移動せずに一つの空間で過ごせるような間取りのマンションを選ぶべきなので、広さとシンプルさを意識しながら物件を選ぶようにしましょう。

一戸建てからマンションに住み替えて後悔するケース

一戸建てからマンションへの住替えを後悔するケースとして特に多いのが、「金銭面」での後悔です。

マンションは、

  • 管理費
  • 修繕積立金
  • 駐車場代

など、一戸建てだと発生しない費用が発生します。

それらの費用を含めた上でお金の管理や計画を立てているのであれば特に問題はありませんが、これまで一戸建てに住んでいた方の場合、これらを念頭におかず、返済計画を立ててしまうことも少なくありません。

また、管理費や修繕積立金は値上げされてしまうケースもあるので注意が必要です。

マンションに住み替えるのであれば、管理費や修繕積立金などの諸費用も含めて返済計画を立てるようにしましょう。

住宅の住み替えで後悔しないために

住宅の住み替えで後悔しないためには、「売却と購入の順番」と「住宅ローン」の2点についてしっかりと押さえておく必要があります。

それぞれ詳しく解説していきます。

売却と購入のどちらを先行するか事前に決めておく

今の住宅を売却して新しい住宅に住み替えるときは、今の物件の売却と新しい物件の購入のどちらを先に進めるのかを予め考えておき、計画的に進めていかなくてはいけません。

売却優先は今の物件の売却価格を前もって明確にできるので予算も明確にしやすく計画が立てやすいというメリットがありますが、その一方で、新しい物件をスムーズに見つけることができないと仮住まいを探さなくてはいけなくなってしまう可能性があります。

購入優先のメリットとしては、余裕をもって物件をリサーチできる点があげられます。今の住宅の売却が決定しているわけではないため、退去時期を気にせずじっくりと新居を探すことができるわけです。一方、今の住宅の売却をスムーズに進められないと住宅を2ヶ所所有することになるため、維持費がかさみます。

このように、売却優先と購入優先、どちらにもメリット・デメリットがあるため、それぞれのメリット・デメリットをよく比較し、どちらで住み替えを進めていくか考えておくようにしてください。

住宅ローンを組もうと考えている方は要注意

住宅ローンが残っている住宅には金融機関の抵当権がついているため、ローンを完済するまで売却することはできません。自己資金を用意できるのであれば問題ありませんが、用意できないケースでは、住宅ローンの残債価格を上回る価格で住宅を売却することが必須条件になります。

また、退職後に住宅を購入する場合、収入などの条件面でローンの審査が厳しくなってしまうことも少なくありません。そのため、新居の購入に住宅ローンを活用したいと考えている方は注意が必要です。

〈まとめ〉老後を考えるなら、ワンフロアで暮らしやすいマンションに住み替えよう

老後の生活では、「安全性」と「暮らしやすさ」が何よりも重要になります。

一戸建てにもならではの魅力がありますが、

  • セキュリティが充実している
  • 立地の良い物件が多い
  • 共有部分は管理会社が管理してくれる
  • ワンフロアで階段の昇り降りが必要ない

などのメリットを考えると、マンションへの住み替えがおすすめです。

一戸建てを売却してマンションに住み替える際のサポートは、ぜひ〈CRAFT ONE〉にお任せください。住み替えをサポートさせていただくのはもちろん、リノベーションのご相談もお待ちしております。

「老後はマンションか一戸建てか…」それぞれのメリットや住み替えの注意点

RANKING

株式会社クラフト公式 HPCRAFT MAIN HP
クラフトによるオウンドメディアリノベーションスープ
相談会フォーム0800-111-7977