MAGAZINE TOP :物件探しの HOW TO中古物件リノベーションを知る中古リノベ事例から学ぶ

CASE #427
オーセンティックバーのある家

東京都 江東区家族構成:単身築年数:14年リノベーション面積:74㎡工期:3ヶ月物件価格:4,000万円リノベーション費用:1,200万円

会社の近く・75㎡くらい・角部屋

1人暮らしのAさんは、家に帰るとギターをひいたり、映画を観ながらお酒を飲んだり。週末には仲間を招いて、得意の料理とお酒をふるまうこともあるほどです。
そんなAさんが、いよいよマンション購入を計画。新築マンションの合板フローリングやクロスが好きになれず、初めから中古マンションを買ってリノベーションすることに決めていました。
条件は会社の近く・75㎡くらい・角部屋の3つ。物件探しとほとんど同時にリノベーション会社を探しはじめたAさんは、クラフトにも声をかけます。営業や不動産の担当者と話してみて「クラフトさんなら、思ったようにリノベーションしてくれると確信した」(Aさん)。それから不動産担と一緒に候補の物件を内見しました。まずは部屋からの眺めを確認し、それから担当者が床を足で踏んだり、壁を叩いたりして『キッチンはこのあたりまで動かせます』『この壁は抜けますよ』とアドバイス。そうして見つかったのが、Aさんの3つの条件を兼ね備えたパーフェクトなマンションです。

古材のカウンターと壁で、バーのような趣がでるように

実はAさん、学生時代はバーでアルバイトをしていたことも。今でも友人たちに、オリジナルのカクテルをふるまうこともあるそうです。そこで、キッチンにはバーカウンターを設けることにしました。キズや変色のある古材のカウンターは、行きつけのバーのよう。
また玄関〜リビングにかけては、古材のチークを貼って味わいをプラス。そしてデザインはブルックリンなスタイルをご希望。はじめは『壁にアンティーク煉瓦を』と考えていたけれど、デザイナーに古材をすすめられて大きく心が動いたそうです。
LDKと寝室の間に設けた室内窓もポイントです。実はこの家で一番眺めがよい場所は、玄関のとなりの寝室。そこでリビングから美しい夜景を眺められるように、室内窓をご提案しました。夜はリビングのソファに座ったまま夜景が見えるし、昼は両側から自然光が注ぎ、室内窓を開けると南北に風が通り抜けます。あまりの心地よさに、休日は家で過ごす時間がもっと多くなりました。

一覧へ戻る
オーセンティックバーのある家

オンライン相談・お電話相談

ご自宅にいながらお気軽に
どんなことでもご相談ください

「具体的な内容は決まっていない」
「まだ相談する段階じゃないかも…」という方も
まずはお話を聞かせてください。
立地や広さ、ご予算、お引越し時期などを
お話ししているうちに
イメージがまとまってくることも。
お住まいの売却・住宅ローン・引越し時期、
どんなことでもご相談いただけます。

相談会お申込みフォーム

CRAFT ONEのサービス

株式会社クラフト公式 HPCRAFT MAIN HP
クラフトによるオウンドメディアリノベーションスープ