+ONE MAGAZINE TOP :物件探しの HOW TO中古リノベーション事例から学ぶ資産価値・お金のこと

リフォームとリノベーションは何が違う?それぞれのメリット・デメリットを徹底解説!

リフォームとリノベーションは何が違う?それぞれのメリット・デメリットを徹底解説!

住宅の主な改修工事の方法としては、「リフォーム」と「リノベーション」の2種類があげられます。ただし、リフォームとリノベーションの具体的な違いがわからず、どちらの方法で住宅の改修を進めればいいか頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか?

 

今回は、リフォームとリノベーションの違いについてご紹介します。

 

それぞれのメリットとデメリットに触れながら、どちらの方法で住宅の改修に取り組むべきかについて解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

リフォームとリノベーションの違いを解説

実際、リフォームとリノベーションにはどのような違いがあるのでしょうか?リフォームとリノベーションの概要を説明しながら、それぞれの違いについて解説していきます。

リフォームとは

一般的にリフォームは、「建物を新築当時の状態に戻すためにおこなわれる修繕工事」を指す言葉です。

住宅は、どれだけ丁寧に生活していたとしても、少しずつ劣化していきます。壁に張られているクロスや床のフローリングはもちろん、キッチンや洗面台、浴室なども少しずつ劣化します。

戸建ての場合は劣化が進むと雨漏りや排水溝のつまりなどのトラブルが発生しやすくなりますし、外壁の塗装やタイルが色あせして景観も悪くなってしまうため、リフォームで新築の綺麗な状態に戻すわけです。

リフォームには、住宅の特定の部分のみを修繕する部分的なリフォームと、住宅を全体的にリフォームするフルリフォームがあります。

リノベーションとは

リノベーションは、住宅の価値を高めるためにおこなわれるタイプの改修工事です。

リノベーションでは、住宅の機能性を高めたり付加価値をあたえたりすることで、新築のときよりも価値の高い住宅に生まれ変わらせることができます。リフォームのようにクロスを張り替えたり外壁を塗り直したりするだけでなく、仕切りの壁をなくしたり、住宅の間取りを大きく変更したりするなど、大掛かりな工事になることがほとんどです。

リノベーションでは、古い住宅でもトレンドを取り入れて一新できるため、「中古の戸建てやマンションを購入してリノベーションする」という選択肢を選ぶ人が増えてきています。

リフォームとリノベーションの違い

リフォームとリノベーションの違いをまとめると、以下のようになります。

 リフォームリノベーション
概要老朽化した住宅を新築当時の状態に原状回復するためにおこなわれる修繕工事住宅の機能性や価値を高めるためにおこなわれる改修工事
費用安い高い
期間短い長い

リフォームには部分的な改修工事も含まれるため、リノベーションと比較すると費用は安い傾向にありますし、工事にかかる期間も短くなる傾向にあります。ただ、リフォームの内容によってかかる費用や工事の期間は大きく異なるので注意してください。

また、リフォームには部分的なリフォームとフルリフォームがあると紹介してきましたが、フルリフォームは住宅を全面的に改修するという特性上「住宅の価値を高める」という意味合いが強く、リノベーションと同じカテゴリーに分類されます。

リフォームとリノベーションのメリット・デメリット

紹介してきたとおり、リフォームとリノベーションには明確な違いがあるため、メリットとデメリットも異なります。それぞれのメリットとデメリットについて解説していきます。

リフォームのメリット・デメリット

リノベーションにはないリフォームならではのメリットとデメリットとしては、以下のようなものがあげられます。

メリットデメリット
• リノベーションに比べると費用を安く抑えやすい
• リノベーションに比べると工期が短い
• リノベーションと比べると自由度が低い
• 住まい全体の劣化具合をチェックできない

リフォームは部分的な修繕となることが多くリノベーションのように住宅全体を改修するわけではないため、リノベーションより費用を安く抑えることができますし、工期も短くなります。

一方、リノベーションのように間取りの変更など大掛かりな工事はおこなわないため、リノベーションと比較すると自由度が低くなってしまいがちです。また、部分的な修繕になるため、住宅全体の劣化具合がチェックできないというデメリットもあります。

リノベーションのメリット・デメリット

一方、リフォームにはないリノベーションならではのメリットとデメリットとしては、以下のようなものがあげられます。

メリットデメリット
•住宅の機能性や価値を高められる
• 間取りの変更などの大規模な工事も可能
• 価値が高まるため売却しやすい
• 住宅全体の劣化具合を確認できる
• リフォームに比べると費用が高い
• リフォームに比べると工期が長い

間取りの変更など大規模な工事が可能で、住宅の機能性や価値を高められる点はリノベーションならではのメリットです。住宅の価値が向上するため、売却時に買い手がつきやすくなる点もメリットとしてあげられます。また、工事の内容にもよりますが、全体的に改修するため、住宅全体の劣化具合を確認しやすい点もリノベーションならではのメリットです。

一方、大規模な改修になる分、リフォームと比べるとどうしても費用が高くなりますし、工期も長くなります。

リフォームが向いているケース・リノベーションが向いているケース

先ほど紹介したそれぞれのメリットとデメリットをふまえると、リノベーションよりもリフォームの方が向いているケースとしては、

  • 住宅の一部分を修繕したい
  • なるべく費用を安く抑えたい
  • 工期が短い方が嬉しい

などがあげられます。

住宅の一部に劣化や不具合が見られるケースでは、わざわざ大規模な改修をする必要はありません。あくまで劣化や不具合の解消を目的としている場合は、リノベーションではなくリフォームをおこなうべきだと言えるでしょう。

一方、リフォームよりもリノベーションの方が向いているケースとしては、

  • 間取りを変更したい
  • 自分好みの住宅に生まれ変わらせたい
  • 将来的に売却したい

などがあげられます。

間取りを大きく変更したり古くなってしまった住宅を自分好みの住宅に生まれ変わらせたりしたい場合は大掛かりな改修が必要になるため、リフォームではなくリノベーションをするべきです。

また、リノベーションをして住宅の価値が向上すると買い手がつきやすくなるため、将来的に住宅を売却したいと考えているのであれば、リフォームではなくリノベーションをするべきだと言えるでしょう。

CRAFT ONEのリノベーション事例1 (マンション)

CRAFT ONEのリノベーション事例1 (マンション)

出典:CRAFT リフォーム・リノベーションデザイン実例 #19134

こちらは、マンションのリノベーションの事例です。

築47年と古く、ごく一般的な間取りやデザインが採用されたマンションでしたが、リノベーションによって海外インテリアのような洗練されたデザインのマンションに生まれ変わりました。

築50年近いマンションとは思えないほどのプレミアム感をもたらすことができる点も、リノベーションのメリットの一つです。

CRAFT ONEのリノベーション事例1 (戸建て)

CRAFT ONEのリノベーション事例1 (戸建て)

出典:CRAFT リフォーム・リノベーションデザイン実例 #17062

一方こちらは、戸建てのリノベーションの事例です。

材木倉庫として活用していたスペースを、リノベーションによって住居に生まれ変わらせました。既存の躯体を活かしたダイナミックな空間づくりがおこなえるのも、リフォームではなくリノベーションだからこそ。

イマイチ上手く活用できていなかった空間を改修して住宅の価値を高めた、「これぞリノベーション」と言える事例となっています。

まとめ

住宅の修繕を検討しているもののリフォームとリノベーションのどちらを依頼するべきか頭を悩ませている方向けに、リフォームとリノベーションの違いについて紹介してきました。

リフォームは、老朽化した住宅を新築当時の状態にする、修繕を主な目的とした工事です。

一方リノベーションは、住宅を生まれ変わらせ、価値を高める目的でするタイプの工事だと言えます。

それぞれにメリットとデメリットがありますが、住宅の一部分の劣化や不具合を解消したいのであればリフォームを、間取りを大きく変更したり住宅を自分好みに生まれ変わらせたりしたいのであればリノベーションを選ぶようにしましょう。

リフォームではなくリノベーションをする場合は、ぜひ、〈CRAFT ONE〉にご相談ください。ワンストップリノベーションの〈CRAFT ONE〉なら、物件の購入からリノベーションまですべてお任せいただけます。

ご紹介した事例をご覧いただければわかるように、実績も豊富です。ぜひ一度ご相談ください。

リフォームとリノベーションは何が違う?それぞれのメリット・デメリットを徹底解説!

RANKING

株式会社クラフト公式 HPCRAFT MAIN HP
クラフトによるオウンドメディアリノベーションスープ
相談会フォーム0800-111-7977