+ONE MAGAZINE TOP :物件探しの HOW TO中古リノベーション事例から学ぶ資産価値・お金のこと

戸建てフルリノベーション費用の相場は?どうやったら抑えられる?

戸建てをフルリノベーションするとき、どれくらいの費用がかかるのでしょうか?決して安くない費用…おおよその費用がわからなければ、なかなか動き出せませんよね。今回は、フルリノベーション費用の大まかな目安や、メリットとデメリット、実際のリノベーション事例をご紹介します。迷っている方はこちらを読んで、じっくりと比較検討するのがオススメです。

 

これから戸建てをフルリノベーションする方、建て替えとリノベーションで迷っている方は、ぜひご一読ください。

戸建てのフルリノベーション費用の目安

戸建てのフルリノベーション(全面的なリノベーション)にかかる費用は、建物の状況や工事内容により大きく異なってきます。強いて言うならおおむね【施工面積(㎡)×22~27万円】が目安です。

戸建てのフルリノベーション費用がかかるケース

老朽化や劣化が進んでいる

フルリノベーションは、建物の構造部分を残し、それ以外をできるだけ解体してスケルトン状態にするのが一般的です。建物部分に老朽化や傷みがある場合、補修工事が必要になるため、その分の費用が加算されます。

耐久性や耐震性の補強が必要

建物の基礎や構造部分の耐震性能が不足している場合、抜本的な耐震補強工事が必要になります。特に昭和56年(1981年)以前に建築された戸建ては、現在の耐震基準を満たしていない旧耐震基準で設計されている可能性が高いです。建物の状況によっては取り壊して建て替えたほうが安く済むケースもあるので見極めが大切になります。

外観や外構を一新したい

外観を一新する工事(増築、外壁や屋根のやり変え、開口部の移動や追加)をともなうフルリノベーションは、費用が大きくなります。また、外構(庭や門、塀などの外まわり)の一新も、費用がかかる要因です。

戸建てのフルリノベーション実例1

  • フルリノベーション面積:130㎡
  • 工期:4ヶ月
  • 費用:2,500万円
  • 築年数:17年

ご実家を受け継ぎフルリノベーションした事例です。ツーバイフォー(2×4)住宅のため、撤去できない構造壁もありましたが、プランニングの工夫により、使い心地のよい間取りを実現しました。ライフルタイスタイルに合わせた、開放的なLDK、使いやすい収納、無駄のない生活動線。既存の建具を塗装して再利用することで、インテリアを一新しつつコストバランスを図りました。

戸建てのフルリノベーション実例2

  • フルリノベーション面積:75㎡
  • 工期:3ヶ月
  • 費用:1,700万円
  • 築年数:25年

長くお住まいのご自宅をフルリノベーション。和のテイストがお好きとのことで、新居も和モダンのインテリアをご希望でした。使われていなかった和室を取り込むことで生まれた、広々としたLDK。壁を撤去したことで現れた柱は構造上必要であったため、丸柱に差し替えて違和感なくなじませています。

ご自慢の坪庭をいつも眺められるよう、リビングからダイニングにかけての窓を拡大。雪見障子のガラス部分を塀の高さと合わせ、外からの視線を遮りつつ風景を楽しめるようにしました。

戸建てのフルリノベーション実例3

  • フルリノベーション面積:110㎡
  • 工期:4ヶ月
  • 費用:2,390万円
  • 築年数:14年

既存の間取りを大きく変えずに、塗り変えや壁の移動によってイメージを一新したフルリノベーション事例。ローズウッドやレッドシダー、珪藻土やテラコッタタイルといった、ぬくもりある素材を随所に取り入れた空間です。

ダイニング・キッチンとリビングを区切っていた壁を撤去して、広々としたLDKに。リビングに面した窓は間口を広げ、全開放サッシに入れ替えています。コンクリートのテラスにはウッドデッキを張り、アウトドアリビングに一新。室内と室外が伸びやかに連続する、開放的な空間が生まれました。

戸建てフルリノベーションのメリット

住居費用を抑えることができる

中古の戸建てのフルリノベーションは、土地を購入して新築するよりも、建築費用を抑えやすいです。築年数の経過した戸建ては、ほぼ土地代だけで購入できるケースも。特にRC(鉄筋コンクリート)造や、S(鉄骨)造の建物は耐久性・耐震性が高いため、フルリノベーションによるメリットが大きいといえます。

思い入れのある住まいを活かせる

フルリノベーションなら、住み慣れた実家やご親族から受け継いだ戸建てといった、思い入れのある建物を取り壊さずに活かすことが可能です。

サステナブルな社会づくりに貢献できる

かつては「新品こそが一番」という使い捨ての時代もありましたが、近年は「古いものを長く大切に使う」価値観の時代にシフトしつつあります。住まいに関しても例外ではなく、リノベーションを選択することで持続可能な社会づくりに寄与できるでしょう。

間取りを一新できる

フルリノベーションなら、間取りを大きく変更してライフスタイルに合った暮らしやすい住まいに一新することができます。特に戸建ては床下のスペースに余裕があることから、水回りの移動もしやすく、理想の間取りを叶えやすいです。

開口部の移動や拡大も可能

戸建てのフルリノベーションは、構造上計算のうえで強度に問題がなければ、開口部(窓や出入り口)の移動や拡大が可能です。増築により生活スペースを増やしたり、広すぎる住まいを減築したりすることもできます。

まとめ

戸建てのフルリノベーション費用は【施工面積(㎡)×22~27万円】が目安です。

費用を抑えるポイント

  • 築年数によっては住宅の購入費用が大幅に抑えられる
  • 既存の間取りや設備をできるだけ活かす

費用がかかるケース

  • 建物の補修工事や耐震補強が必要
  • 内装だけでなく外観や外構も一新したい

〈CRAFT ONE〉では、ご希望の条件に合わせた物件探しから理想の暮らしを叶えるリノベーションまで、ワンストップでお手伝いいたします。

戸建てフルリノベーション費用の相場は?どうやったら抑えられる?

RANKING

株式会社クラフト公式 HPCRAFT MAIN HP
クラフトによるオウンドメディアリノベーションスープ
相談会フォーム0800-111-7977